未分類

理想の歯に近付く

人の第一印象は、視覚情報だけで50%を超えると言われています。特に歯や歯並びは、その人の印象を大きく左右します。どんなに整った面立ちをした人であっても、前歯が一本ないだけで目を引いて、悪い印象を残してしまう可能性が高いと言えます。綺麗な歯の三大条件として、美しい歯並び・白い歯・綺麗なピンク色の歯茎が挙げられています。

歯並びは、見た目に影響するだけでなく噛み合わせにも影響が出てしまいます。噛み合わせが悪いと顔にゆがみが生じてしまい、表情が乏しくなるそうです。また、上手く歯が合わさらず擦り減らないために、八重歯が鋭く目立つ傾向にあります。歯並びは、噛み合わせた時に隙間や凹凸ができない状態が理想とされており、正しく歯が生えていないと歯磨きもしづらく、虫歯もできやすくなります。綺麗な歯茎は、ピンク色で痩せすぎていない状態を指します。歯茎は毛細血管が透けてピンクに見えるので、血行を意識する必要があります。歯茎が黒色や紫色になる場合は、喫煙などによるメラニン色素沈着、ビタミンC不足による歯茎の変色、他に歯周病などが原因です。他にも健康状態に問題がある場合が多いですので、見た目に不健康な印象を与えることはもちろん、早い治療が必要です。

例えば白い歯と言っても、人種や個人によっても多少の差はあります。自分の中でベストな状態にできるよう、歯の汚れをしっかりと落とし、口内のケアを欠かさず行いましょう。歯に自信が持てない人は口を開けない傾向にあり、表情も硬くなってしまいます。生き生きとした表情をできるよう、歯や歯並びで悩みがあれば歯科で相談をしてみましょう。ホワイトニングなどはもちろん、大人になっても歯の矯正ができるそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です