未分類

ホームケアとプロフェッショナルケア

家庭で歯のケアを行うことをホームケア、歯科医院などでプロのケアを行うことをプロフェッショナルケアと呼んでいます。歯に関心のある人であれば意識も高く、デンタルフロスや歯間ブラシを使ったケア、鏡で定期的な歯のチェックなども行っているかもしれません。しかし、ホームケアのみを行っている場合には磨き残しがある可能性が高く、歯と歯の間の汚れが残ってしまいます。ホームケアにプラスをしてプロフェッショナルケアを行うことで、健康な歯をキープできます。

プロフェッショナルケアでしか行うことのできない手入れも多く存在します。まず、歯科医院では口腔内のチェックを行い、個人の磨き癖や、歯磨き法を指導してもらえます。歯や歯茎の状態をプロに見てもらうことで、早めの治療や予防を行えますので、検査は年に2~3回が良いとされているそうです。他にも、機械を使ったPMTCが推奨されています。PMTCは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、「プロが機械を使った歯面清掃」を指しています。まず機械を使ってプラーク(歯面の汚れ)を除去します。口内で繁殖しているバイオフィルムを取り除くことができ、新たな細菌が付着しづらくなります。次に歯の間の掃除です。自宅でケアをしているつもりでも、人の手では限界があります。歯間の汚れは、虫歯はもちろん歯周病の原因にもなってしまうので、きちんと取り除いてもらいましょう。最後に、フッ素を塗布します。歯科医院では高い濃度のフッ素を塗ることができ、白濁している部分(虫歯になりかけている部分)の進行を止めることができます。PMTCは一度では効果が薄く、定期的に行うことで、歯質そのものの強化にも繋がると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です