未分類

炎症について

歯や歯茎に炎症が起こっている場合などには、その場所の炎症が治らなければ状態は悪化してしまい、周辺にも広がっていってしまう可能性があるということは、注意が必要であるといえるかもしれません。ブラッシングの対象となる歯茎などは、湾曲しておりまたそれぞれの歯と歯の間には凸凹が存在しているため丁寧に磨かなければ均一で丁寧なブラッシングはできないという風に言えるかもしれませんし、いくら、歯科医院や歯科衛生士などでアドバイスを受けたとしても、それぞれの歯によって特徴は大きく異なるためうまく磨くことは難しいという風に言えるかもしれません。そのような場合であっても、重要と言えるのが持ち方であると言えるかもしれません。

歯ブラシの持ち方には決まった持ち方はなく自分自身が最も磨きやすい持ち方で持つということが重要であるということが最近になって言われるようになってきたようにも感じますが、適切に持ち方を変えることで、普段磨くことができない歯などを磨くことができるわけですから、持ち方まで意識しておくことは特におすすめだと言えるでしょう。特に、注意すべきは奥歯などの見えない部分の歯をブラッシングする際には、あまり、強く歯ブラシを持たずに磨くことが重要で、ペンシルグリップのように、まるで鉛筆を持つかのようにペンを握ってしまうと、上手く磨けなくなってしまうということはあるかもしれませんね。

またサムアップと呼ばれる親指を立てたクリップでは、歯の表面を縦に磨きやすいため一本一本の歯の表面と隙間を丁寧に磨いて行くのには適したグリップであるという風に言えるかもしれません。一方でこのようなグリップだと奥歯は磨きにくいため、奥の歯を磨く際には、グリップを変える必要があるという風に言えるのではないでしょうか。

このように磨き方や歯ブラシの持ち方をひとつとっても様々で、どのようにしてブラッシングにアプローチしていくのかということは模索をしていかなければならないという風に言えるのではないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です