未分類

歯の異変について

最も一般的な歯の異変に気付く症状の一つとしてあげられることが多いのは、「しみる」ということではないでしょうか?しかし、きちんとした根拠に基づいて考えるならば、歯がしみるということは、必ずどこかが大きな空洞になっているということが言えるわけです。

そのため、どこかがしみるという症状を一つをとっても、深刻な問題が紛れている可能性すらあるわけですから、油断してはならないわけです。自分自身が冷たいものを食べた時は、熱いものを食べた時などにしみる場合には、歯周ポケットが拡大してしまっている可能性があるわけです。

しかし、残念ながら自分自身ではそのしみる部分が一体どこにあるのかということを具体的に特定することは極めて困難であるという風に言わざるを得ません。これは歯科医院などに行って先生などに見てもらわなければほとんど特定することはできないため、あまりにもしみる場合には積極的に歯科医院などにかかっていくことが重要だと言えるのではないでしょうか。

また、歯周病を診断する重要なポイントとしてもあげられることが多いのは歯茎がどのような色でどのような硬さであるかということが考えられているようです。

一般的に健康で問題のない歯茎が白っぽい薄ピンク色をしているという場合が多い理由で、歯周病が悪化してくると歯茎の多くは腐りかけのトマトのようになってしまい赤くふっくらと腫れている場合が多いという風に言われています。

その部分などは間違いなくしみるということの原因になる場合に、 注意が必要であるということは確実に言えるかもしれません。自分自身で見えない部分はどんどん歯科医院で診てもらうなどして病気になる前に健康な状態を保つために検査に向かう勇気を持つことが重要であるということを覚えておくと良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です