未分類

喫煙と歯周病

歯周病は、口内ケアができていない場合などにも起こりますが、喫煙の習慣もひとつの原因となっています。喫煙者は、吸わない人に比べて2倍から8倍ほどの歯周病にかかりやすいと言われています。吸っているタバコの本数に比例をして、さらに歯周病が悪化しやすくなっているそうです。喫煙をすることで、酸素や栄養を供給する血管に影響が出て、歯周ポケットの酸素濃度が低下します。これにより、歯周病が繁殖しやすい環境になってしまいます。

歯周病の症状として、出血が見られることや歯茎の炎症が起こります。しかし、タバコを吸っていることで血管が収縮し、見た目には分かりづらくなります。歯周病の治療で手術をしたとしても、喫煙者の方が治療の効果が低くなっているそうです。また、経過を見ていても、非喫煙者と比べて歯肉が悪くなりやすく、再発もしやすいと言われています。

タバコの煙には、一酸化炭素が含まれます。一酸化炭素は酸素の供給を妨げ、組織が酸素の吸収を行いにくくなります。同じくタバコに含まれるニコチンは、神経毒のひとつです。血管を収縮させることで、体を栄養不足、酸素不足の状態にさせ、免疫機能を低下させます。病気への抵抗力が落ち、傷が治りにくくなりますので、歯周病の治療がしにくい状態になってしまいます。歯への影響として、タバコに含まれるヤニも考えられます。歯の表面に付着することで黒ずんで見えますし、歯がざらつくために細菌が繁殖しやすくなります。歯に付着するということは、常に口内にニコチンが染みている状態とも言えるでしょう。

本気で歯周病の治療や予防を行いたい場合には、禁煙をするしかありません。歯周病は別の病気とは思わず、禁煙外来などを利用しても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です