未分類

乳歯

「永久歯」が歯揃う頃は、中学生前後と言われています。皆さん、御記憶ございますか?では、「乳歯」が生えはじめるのは、いつ頃からでしょうか?乳歯は、生後8カ月頃から生え始め、3歳頃までに上下に10本ずつの歯が生え揃うと言われています。その後、6歳頃から、乳歯は永久歯への生え変わりがはじまり、中学生になる前後に、親知らずを除いた28本が生え揃います。

 

  • 乳歯・・・20本
  • 永久歯・・・28本+親知らず4本

 

乳歯が歯え揃うと、徐々に歯と歯の隙間があいてきます。この隙間は、どのような意味があるかご存知ですか?この隙間は、乳歯よりもひとまわり大きな永久歯が生えてきた時の為の隙間なのです。乳歯の間に隙間ができることは、正しい歯並びとなります。逆に、乳歯が歯と歯の間に、隙間なく生え揃う場合は、後に生えてくる永久歯の歯並びに、影響が出る可能性もあります。歯科医院などで、定期的なチェックを受けることが大切です。生え変わりの時期は、虫歯の予防も重要です。永久歯が、生涯のパートナーなのだという意識を、幼児教育として植えつけることも肝心です。幼少期から、正しい歯のブラッシングを身に着け、歯科への定期検診も習慣化していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です