虫歯菌と闘う

お口の中には、たくさんの菌が住んでいます、食べもの(糖分)を食べると、その糖分が、菌のエサとなって、口の中で菌が増殖することになります。増殖した菌は、歯を溶かし、いずれは虫歯となってしまいます。ただ、人間側も、菌のいたずらをだまって見ている訳ではありません。お口の中の「唾液」が皆さんの歯の守り神なのです。糖分をエサとして、元気に増殖した菌が、「酸」を出して歯を溶かしはじめます。その時に、唾液が歯を「酸」から守り、「中和」してくれる働きをします。ですので、お口の中の「唾液」の量は、歯を守る上でとても大事な要素となってくるのです。

 

虫歯は、初期であれば、削らない方が良いことがあることは、ご存じですか?

食べものの「糖分」をエサに、増殖した「菌」が「酸」を出して、歯を溶かしていきますが、お口の中の「唾液」は、その溶けた歯を再石灰化する働きをもっているのです。

「唾液」は、お口の中で「洗浄」「抗菌」「中和」「再石灰化」といった働きをしてくれるのです。

 

また虫歯予防に欠かせないアイテムとして注目されているのが「フッ素」です。

皆さんは、フッ素を使用したことがありますか?フッ素は通常、使用している歯磨き粉やマウスウォッシュの中に入っていることがあります。このフッ素が、虫歯予防に大活躍するそうです。

フッ素は、菌が悪さをして出す「酸」に強い歯を作ってくれるのだそうです。

 

歯医者さんに定期検診に行った時などに、フッ素入りの商品について尋ねてみて下さい。歯科予防として、毎日の生活にフッ素を取り入れることは、皆さんの歯の健康を守る上で欠かせないアイテムになりそうです。