歯と唾液

「唾液」には、虫歯菌に溶かされた歯のエナメル質を再生する力があることをご存じですか?

歯を再生する力は、再石灰化と呼ばれています。

皆さんのお口の中で、「唾液」とても重要な役割を担っています。お口の中のバランスを良好に保つよう日々、唾液は活躍していますが、皆さんが歯磨きを怠ったり、間違った口内ケアを行っていると、唾液がどれだけ活躍しても口内のバランスは、崩れてしまい「虫歯」や「歯周病」を招いてしまうこととなります。

 

「唾液の働き」

  • 口内の食べカスを洗い流し、口内を衛生的に保つ
  • 細菌を増やさないよう、口内を衛生的に保つ
  • 口内のアルカリ性と酸性の度数バランスを中和する働き
  • 口内が渇くのを防ぎ、発音や発声をスムーズにする
  • 食事で取り入れた食べものを溶かし、味覚を与える働き
  • 食べものを食道まで送る時の補助
  • 歯のエナメル質の再石灰化

 

などなど、唾液は、お口の中で皆さんの健康を維持する為の重要な任務に日々、携わっています。梅干しや酸っぱいものをみると、思わず、ツバを飲み込むことはありませんか?「唾液」が出ることは、とても大切なことなのです。ストレスや、加齢、薬の副作用などで、口の中が渇く症状を「ドライマウス」と言います。唾液がお口の中に足りないので食べものが飲み込みずらい、口内の乾燥で声の発声がしにくいなど、お口の渇きを感じたら、歯科医院に相談することをおススメします。唾液は、とても重要なお口の守護神です。歯科では、歯の相談だけではなく、「ドライマウス」などの診察も行っています。