大人の歯の矯正

「歯並びを良くしたい」そんなことを、鏡に向かってつぶやいたことはありませんか?

子供の頃に、歯の矯正を行う人は多いですが、歯の矯正を始める時期は、皆さんの歯の状況によって様々です。大人になっても歯の矯正はできます。ですが、子供の成長過程で矯正を行う場合と比較をすると、一般的には、矯正に費やす時間は長くなると言われています。

 

歯には、圧力をかけると、力を加えられた方向に動こうとする習性があるそうです。その特徴を利用して矯正を行うのが、歯列矯正です。歯に弱い圧力を継続的にかけることで、歯並び、噛み合せを調整していきます。まずは、歯並びが気になりましたら、矯正歯科医院に相談をしてみましょう。場合によっては、矯正をしない方が良いという診断をされるケースもあります。歯並びは、千差万別ですので、歯科医による矯正の時期や、矯正の方法のアドバイスも多種多様となるでしょう。

 

また、矯正中は食事や歯磨きの方法など、事細かな指示が、歯科医師からありますが、面倒だからといって、口内のケアを怠っていては、特殊な器具を装着している分、細菌の隠れ宿を増やしてしまうリスクもあります。矯正中は、歯と装着器具に飲食物が挟まれやすいのです。虫歯菌にスキを与えることなく、丁寧なブラッシングで、美的な歯並びを&正しいあごの噛み合せを手に入れるゴールまでは、長いみちのりですが、大人が矯正を行う価値は「健康」を維持する上で、価値あるものと言えます。歯並びが気になったら、矯正歯科医院にまずは、相談してみましょう。